独自兵器開発

ステルス輸送機 白篭号 の開発

1216567360.JPG

悪童同盟は白夜号のステルス性能を継承した新型の輸送機を開発した。

その名は白篭号。
白夜号の直系の子孫とも言える全翼機である。
これからその性能や装備について簡単に説明していこう。

機体

hakurou_2nd.jpg

白篭号の開発は、もともと白夜号のフレームを流用して低コストに行われる予定であった。
しかし、軍用の飛行場を一度飛び出して爆撃を終了させ帰還するまで着陸する必要のない爆撃機と違い、
輸送機というものは滑走路の短い民間の飛行場や、場合によっては道路にも降り立つ必要があった。
人員や物資を届けるだけならば空中からの投下が行えればそれで問題はないのだが、
投下は出来ても積み込めないというのでは輸送機として致命的な欠陥であるというのは明白だった。

当初はエンジンの改良によってこの欠点を補うことが試みられた。
新型のギヤードターボファンエンジンを採用し、バイパス比を上げて低速時の出力を向上させたのだ。
たしかにこれで離陸距離は短縮され、それなりの民間飛行場であれば充分離着陸が可能となった。
だが、単なる輸送機ではなくステルス輸送機である白篭号に求められる性能はこの程度では足りなかった。

ステルス輸送機は単に飛行中敵のレーダーに見つからなければよい、というものではない。
いくらレーダーに捕まらないからといって1km以上もの滑走路を必要とするようであれば、
おのずと離着陸できるような場所は数が限られてくる。
そこを待ち伏せされてしまえばステルスに防御性能を頼った白篭号などはイチコロだ。
だからこそ短距離離着陸性能には最大限の努力を惜しむわけにはいかなかった。
(摂政などは最後までVTOLにすべきだと強硬に主張していたがこれは開発主任権限で却下された。
 下方に排気口の存在するVTOLは対地ステルス性能を激しく劣化させてしまうためだ)

そこで、当初の予定であったフレーム流用は諦めて一から設計をやり直すこととなった。
電磁波の反射角度を計算しつくしたそのフォルムこそ白夜号と類似しているものの、機体は一回り小型となっている。
小型化によって機体重量の軽減、すなわち離陸距離の短縮を狙ったのだ。
だが機体の小型化はそのままペイロードの縮小をも意味する。
たしかに短距離離陸は重要だが輸送機として最も重要な輸送量を減らすわけにはいかない。
機体構造材の軽量化、空力特性の改良……どれも決定打にはならず開発スタッフは皆頭を抱えた。

そこに一条の光が射した。
ちょうど同時期に開発の行われていた新型の太陽電池が完成したのだ。
予想を超える性能をたたき出したこの太陽電池は藩国の思想を一新した。
もちろん白篭号にもその影響が及んだことは言うまでも無く、
その結果開発されたのが電気モーターとターボジェットのハイブリッドエンジンであった。

従来ジェットエンジンの出力そのものを利用して回転させていたコンプレッサーのファンを
機体上面に配した太陽電池(そしてそれに接続されたキャパシタ)からの電力によって回転させることにより、
エンジン始動時のトルク向上・ファン回転数の動的最適化・構造の単純化を実現した。
結果としてエンジン単体としての性能向上が行われただけではなく、
起動時出力の向上による離陸距離の短縮やメンテナンス性の向上、
燃料タンク小型化によるペイロードの増加など輸送機としての大幅な機能向上が見られた。

特に燃費に関しての強化は眼を見張るものがあり、
燃料タンクはキャパシタを含めてもともとの半分程度のサイズで既存機体の航続距離に届き、
日中フル充電状態であればジェット燃料なしでも電力のみで2-3時間程度の短距離フライトが可能となった。
これは日本付近の緯度で限界まで貨物を積み込んだときの数字であり、
積載量と緯度等による各種条件によっては全く燃料使を用せず飛行を続けることも出来た。

電力のみによる飛行は低騒音性・低公害性にも優れていたため、
住宅地や農地が近くにある場所での離着陸にはこちらを使用するようにもなったし、
ジェット燃料の燃焼による廃熱が無いことは熱ステルス性の向上となり
赤外線追尾ミサイルの回避や赤外線による監視システムへの対策ともなっていた。

これらだけをみるといい事ずくめにも見えるのだが、
一方で電力枯渇時の再充電には燃料の充填に比べて多くの時間がかかることや、
日中と夜間のフライトで性能に大きな差が出ることなどの問題点も残されていた。
ただ、それを補って余りあるほどの恩恵がこのハイブリッドエンジンにはあったのだ。

今日も白篭号は太陽の力を借りてニューワールドの空に舞うのである。

装備

白篭号は一切の攻撃的な(あるいは殺傷力のある)武装を保有していない。
固定装備としては対追尾ミサイル複合欺瞞弾頭射出筒を両翼内部に一機ずつ装備し、
小範囲高強度ECMとあわせて自動迎撃装置等に探知された時のための備えとしている。
また各種高感度パッシブセンサー類を備えており、
敵に発見されそうになった場合速やかに対応することが可能である。

逆に敵有人飛行兵器に肉眼で捕捉され機銃で攻撃される場合は白夜号と同じく全く無防備である。
このあたりは輸送機としての避けられない宿命であるため特に問題視はされていない。

その他白篭号に搭載可能な装備は以下の通り。

  • 兵員投下用底面開閉型コンテナ
  • 物資投下用自動開傘型コンテナ
  • 航空機発進用底面開閉型コンテナ

これらのコンテナを目的に応じて換装することで最適な作戦行動を行うことができる。
兵員用は比較的居住性を意識しており、待機ブロックと降下ブロックに分かれている。
物資用はコンテナそのものを切り離して投下することも想定してパラシュートを上部に装備。
もちろん荷物のみを個別に投下することも可能である。
航空機用は今のところ搭載機体をアームで支えて発進させるだけの物となっているが、
空中での収容や空中給油などの機能追加が構想されている。
これ以外にも火災などに対応するために海水をポンプで汲み上げて
火災現場に投下するような消火用コンテナなど多様な装備が考えられており、今後の開発が期待されている。

そして、昼夜に関わらずこれらのコンテナやその内容物を確実に目標に送り届けるために
高精度三次元光学カメラ等センサーを駆使して周囲の地形状況等を把握するようになっているが、
敵に発見されるのを防ぐためセンサー類はあくまでパッシブなものに限られている。
(例外として、着陸着艦時に使用する等安全が確認できる場所で使うものは存在する)

航法等の制御に用いられるコンピュータは白夜号のと同型のものが積まれており
FCS機能が大幅に削減された分のリソースを地形画像処理や最適航路計算等に割り振っている。

こうして並べてみるとやはり輸送機と言うこともあって派手さには欠ける装備状況である。
しかしこれらの堅実な性能が結果的に輸送作戦の成功確率を上げ、
ひいては戦術・戦略レベルにまでその影響を与えることになるのである。

hakurou-s.gif
(アニメGIFが再生されない方はこちらへ)

運用

このようにして開発された白篭号だが、
最新技術を惜しげもなく投入された高コスト機であるがゆえに量産体制が取れなかった。
機体の量産が見込めなければおのずと部品の生産数も限られ、整備コストも上昇する。
そのため単なる貨物機として平時から運用するというわけにもいかず、
特殊な潜入任務への兵員投入用と言う名目で温存されることになった。

白夜号をお蔵入りにさせてしまったことからの教訓を何も得ていなかったとも見えるが、
貨物輸送に関してはきゃりっじシリーズや艦船という競合相手が居ることを考えると
これは一点豪華主義で生き残ると言う前向きな判断であったと見るのが妥当だろう。

それどころか、出番がないのは良いことだとする声すら内部には存在する。
確かに特殊な高コスト機体が日の目を見るということは
その機体でなければ解決できない問題が発生しているというのとほぼ同義であり、
本来ならばそのような事態に陥る前に何らかの予防策を打っておくべきなのだ。

だが、どんなに周到に準備してもやはり予想外の事態というものは発生する。
そんな時に、ほんの少し届かないあと一歩を届かせるために生み出された。
その時が来るまで、白夜号とともに格納庫の奥で眠り続ける――
白篭号とはそのような宿命を持った機体なのかもしれない。


派生元のアイドレス
独自兵器開発
派生先のアイドレス
なし

L:白篭号 = {
 t:名称 = 白篭号(乗り物)
 t:要点 = 空を舞う白篭号
 t:周辺環境 = 空
 t:評価 = 体格14,筋力9,耐久力9,外見6,敏捷10,器用9,感覚9+1,知識5,幸運4
 t:特殊 = {
  *白篭号の乗り物カテゴリ = 航空機として扱う。
  *白篭号は滑走路を使わずに貨物の投下、ピックアップが出来る。。
  *白篭号は20人機の輸送能力を持つ。
  *白篭号は出撃時に1機につき燃料3万tを使用する。
  *白篭号は出撃時に1機につき資源3万tを使用する。
  *白篭号は惑星内で2航路移動が出来る。
  *白篭号は緊急展開することが出来、どのフェイズでも単独(1ターン1機のみ)の輸送部隊として編成することが出来る。
  *白篭号はパイロットの他、コパイロット1名を必要とする。
  *白篭号の人機数 = 20人機として扱う。
  *白篭号のアタックランク = ARは20として扱う。
  *白篭号は単独飛行に限って隠蔽に必ず成功する。
 }
 t:→次のアイドレス = 空挺歩兵(職業),空挺戦車の開発(イベント),降下軌道兵(職業),猫落下傘兵(職業)

白夜号のHQボーナスにより感覚+1(根拠


添付ファイル: filehakurou_2nd.jpg 1240件 [詳細] filehakurou2_s.jpg 664件 [詳細] filehakurou2.jpg 765件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-23 (火) 21:46:19 (4995d)